無麻酔歯石除去について


 過去にも同じ内容の記事を掲載させていただきましたが、改めてご紹介いたします。

 「無麻酔で歯石を取ってもらっているのですが、こちらでも出来ますか?」といった問い合わせを、ここ最近数件お受けしました。過去にはわれわれも無麻酔での歯石除去を行っておりましたが、現在は一切行っておりません。  歯科に関して少しでも勉強をしたことがある獣医師が行う歯石除去の目的は、目に見える歯石を除去することももちろんですが、歯周ポケット(歯と歯肉の間)内の歯垢・歯石、入り込んでしまった毛などの汚れを除去し清浄化をはかるために行うもので、歯周病の進行を抑え、歯周組織の修復を期待する処置であり、歯肉が後退して歯根が露出し将来的に歯根および歯槽骨が感染等を起こして抜かざるを得ない状態になることを防ぐことにあります。  無麻酔でハンドスケーラーと言われる器具を使って、見えている範囲の歯石を除去しても見た目が綺麗になるだけで歯周ポケット内の歯石除去は出来ません。歯周ポケット内の歯垢の中にはたくさんのバイ菌(歯周病菌)が含まれています。口臭の原因もこの歯周病菌によることが多いのです。見た目は綺麗になっても歯周病に対しては効果が無く、結局は歯周病が悪化し抜歯が必要になります。無理に無麻酔でスケーリングを行い歯が欠けた症例も経験しています。スケーラーで擦ることにより歯面に小さな目に見えないような傷をつけ今後更に歯石がつきやすい状態になります。また自宅でのケアを嫌がるようになり、かえって歯磨きしにくくなることも考えられます。

図2

 歯周ポケット内の歯石、歯垢を綺麗に取るためには、超音波スケーラーという機械を使って取る必要があります。拡大鏡を使っての細かい作業となることと超音波スケーラーは大量に水を使用するため、無麻酔でのスケーリングはヒトと違って誤嚥の危険があり、安全のためにも全身麻酔が必要となります。スケーリング後は必ず研磨剤を使って歯面研磨を行います。  歯周病は口腔内をしっかりと検査しなければ判断できません。そのためにも歯石除去を行う際には全身麻酔を行い、しっかりと検査をし治療を行うことをお勧めします。右写真のように歯石の有無と歯周病の程度は一致しているとは限りません。歯周病の原因は歯垢であって、歯石は歯周病の直接的な原因ではないので、歯石をとっても歯周病の予防にも治療にもなりません。

日本小動物歯科研究会のHPに無麻酔下歯石除去がいかに危険で不適切な行為であるかが説明されていますので紹介します。

トレーニングを受けていないヒトたちによる無麻酔でのスケーリング


閲覧数:226回

最新記事

すべて表示

GW中もカレンダー通りの診察となります。祭日は日曜日と同じ時間帯となりますのでお間違いのないようご注意ください。 10時〜12時(受付終了11時半) 15時〜17時(受付終了16時半) 現在のところ予約診療ではございません。順番にお呼びしておりますので、3密を避けてなるべく待合室での待機はご遠慮ください。 業者がお休みに入りますので、早めにフード、サプリメントや飲み薬の在庫確認をお願いいたします。

4月12日(火)より通常診療となります。予約の必要はありません。 狂犬病やフィラリア予防が始まり、週末は大変混み合います。なるべく平日の来院をおすすめいたします。 3密を避けてなるべく待合室での待機はご遠慮ください。 引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

4月10日(日)、狂犬病予防定期集合注射のため、午前中のみ院長不在となります。 4月11日(月)、口腔外科実習に参加するため、終日不在となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。