当院でも実施している活性化リンパ球療法が、がんを患う犬のQOLに有益な効果をもたらすことが報告されました

生体外で増殖させた細胞傷害性並びにオピオイド産生リンパ球のがんを患う犬に対するQOL改善効果


要約

活性化リンパ球療法は悪性腫瘍に対するがん免疫療法の一つです。副作用が少なく、QOL(生活の質)を維持しながら延命効果を有することが期待されます。しかしQOLを数値化して客観的に評価することはこれまで非常に困難でした。この論文では、本治療に用いる培養細胞の特徴とがんを患った犬の飼い主様が実感された治療に対するQOL評価について調べています。

本論文において、活性化リンパ球療法はがんを患う犬のQOLに有益な効果をもたらすことを明らかにしています。今回、はじめてQOLを数値化して客観的に評価しており、このQOLの改善はオピオイド産生リンパ球の存在によるものと考えられます。


閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

GW中もカレンダー通りの診察となります。祭日は日曜日と同じ時間帯となりますのでお間違いのないようご注意ください。 10時〜12時(受付終了11時半) 15時〜17時(受付終了16時半) 現在のところ予約診療ではございません。順番にお呼びしておりますので、3密を避けてなるべく待合室での待機はご遠慮ください。 業者がお休みに入りますので、早めにフード、サプリメントや飲み薬の在庫確認をお願いいたします。

4月12日(火)より通常診療となります。予約の必要はありません。 狂犬病やフィラリア予防が始まり、週末は大変混み合います。なるべく平日の来院をおすすめいたします。 3密を避けてなるべく待合室での待機はご遠慮ください。 引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

4月10日(日)、狂犬病予防定期集合注射のため、午前中のみ院長不在となります。 4月11日(月)、口腔外科実習に参加するため、終日不在となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。